無料ブログはココログ

_

Amazon

  • Amazon

2014年8月24日 (日)

開成コーポレーションで家創り vol.番外1

家創りの番外編です。
家がそろそろ完成しそうなころ、外構業者を探さねばならずいろいろな会社にアポイントを取ってお話をしました。そんななかで、嫌な思いをした外構業者の話を、ブログで紹介したいと思います。

それは、埼玉県の北のほうにある奈○○○園というところ。(腹立つけど、一応伏字にしておきましょう・・・)
ここで、本当にひどい目にあいました。

最初はネットでここを見つけて、よさそうに見えたので、アポを取ってみることに。申込フォームからメールをしたんですが、速攻で返事が返ってきました。レスポンスの良さはなかなかなもの。とりあえず訪問日を決めて行ってみることに。

行ってみると、なかなか変な場所にあり、少し探すことに。するとそれっぽいところがあったんですが、なんか乱雑な感じで木々も無造作に生えて手入れされていないような感じ。
う~ん、大丈夫か??まぁ見た目で決めてはいけないな・・・。ととりあえず尋ねてみることに。
すると、奥さんらしき人がきて、中に通してくれました。
すでに一軒のお客さんを接客していたので、別のテーブルに通されましたが、なんだか中も散らかっていて、狭い。とりあえず待ちなので、イスに座っていると、奥さんがお茶を出してくれましたが、外は真夏日なのにホットコーヒーが出てきました。せめて冷たい物を用意してほしいな・・・。

しばらくすると、前のお客さんが終わったため、どうぞと呼ばれました。今座ってるテーブルではなく、前のお客さんがいたテーブルに呼ばれ、「こっちのPCのほうが早いから~」という理由ですぐに呼ばれました。しかし、前のお客さんが飲んでたカップが残ったまま^^; まぁ、それはすぐに片づけてくれましたが、もう少し綺麗にして欲しい。

「家の図面見せて」ってことで、土地の図面と家の図面、立面図などを渡すと後ろで奥さんがコピーしていました。けど、A2サイズはコピーできないとかなんとか騒いでいました。しらんがな・・・。
コピーが終わると、
業者「まず家のCAD書くところから始めるから」と言い、
業者「写真見せて」

と言われたので、家の外観が移ってた写真を渡すことに。
すると、もくもくと家のCADを書き始めました。うちの家は、真四角の家じゃなく、凹凸を付けたデザインです。開成の人たちと一生懸命作った家です。なのに
「変わった家だな~。」
「普通の尺じゃないな~。なんでだ~」
とかぶつくさ言い始めました。もうこの時点で結構イライラしてました。
で、家のCADを書き始めて30分ぐらいたちました。全然終わる気配がない。なんで、ずっと家のCAD書いてるんだよ・・・。
トイレに行きたくなったので、トイレを貸してもらうことに。

業者「建物出て、裏手にあるから」

と言われて、言ってみると仮設トイレみたいなのがありました。汚い・・・。
でも、背に腹は代えられず、とりあえず用をたすことに。
終わって出ようとすると、扉があかない!
なんだこれ、と必死にノブを回すが空回り。
やばい、閉じ込められたか!?と思ってガチャガチャやってると、とりあえず開きました・・・。マジで焦りました。こんなところで閉じ込められるとは(- -;)

戻ってみると、まだ家のCAD書いてます。今度はうちの奥さんがトイレに・・・。しかし閉じ込められては困るので、と話をすると、
業者「扉を開けてしてください」

と言われました。

自分「は?」

業者「人が通らないから大丈夫」

男ならまだしも、女の人に扉開けてしろなんて、むちゃくちゃ言いよるな・・・。
まぁ、結局半分開けたまま済ましたそうです。ありえないです。

妻が戻ってきても、まだ家のCADを書いてます。

業者「マシンスペックが悪い~」

とか

業者「家の形が複雑だから、うまくいかない」

とか、言い始めました。信じられません。プロの仕事とは思えない。

結局、1時間半ぐらい掛かって、”家のCAD”を書き終えました。これからようやく外構部分です。寝てた子供起きて、ぐずり始めましたよ・・・。
そこから、予算と要望を伝えると、厳しいと感じ取ったようで、かなりむっとしたような表情でCADを書く作業に入りました。

業者「なんでうまくいかないんだ」

とか、PC上の操作のことばっかりぶつくさ言いながら、四角い石を並べたような外構が出来上がりました。しかし、それすら1時間近くかかりました。結局、家のCADで1時間半、外構で1時間の計2時間半ほどです。こちらからすると、そのほとんどが”待ち”の時間です。正直あんまり要望とか聞いてもらえた気がしません。

そのあと信じられないことばが出てきました。

業者「あ~、つかれた。」

業者「もうやりたくない、疲れた。」

業者「○○(体の一部)が痛いわ」

とか、とにかく疲れたとか目の前で言われました。それはこっちのセリフだよ!このやろう!
でもまぁ、他社比較のために見積もりは欲しいので、見積もりをお願いすることに。
すると、また信じられない言葉が。

自分「見積もりほしいんですけど」

業者「今、忙しくて見積もりだせない」

はぁ~~~?
自分「見積もり出してもらえなくて、どうやって契約を検討するんですか?概算でもいいから出してください」

業者「忙しいからだせない。1時間あれば見積もりつくれるけど、その一時間が取れない日々が続いてるんだ。寝る時間を削ってやれっていうのか?」

はぁ~~~?しらねーよ、なんで俺がお前の寝る時間の心配しなけりゃならね~んだよ。

自分「そんなの自分は知りません。忙しいの誰でも一緒です。自分だって、夜の2時まで仕事することだってありますよ。」

業者「自分は肉体労働やって、そのあとパソコン仕事してるんだ。だから体がヘトヘトなんだ。」

自分「だから、そんなのはどこでも一緒です。少しくらい期限先でもいいから、見積もりをください。」

業者「その期限を約束できないから、出せないんだ。」

自分「だから、見積もりもらえないと、御社で契約お願いするっていうことはできませんよ。」

業者「だったら、余所行ってくれない?」

ここで、自分はブチぎれました。さんざん時間を使われた挙句、何にも成果物をださず、挙句の果てに余所に行けとか、ふざけてます。しかも、図面も渡したし、家の写真も渡しました。図面は個人情報です。できればあんまりいろんな人に見せたくない情報です。結局それを盗るのが目的だったのか!?
結局話が進まないので、こちらが少し折れる形で言いました。

自分「じゃあ、1週間待ちます。それで1週間後にできてなかったら、そこでまた期限切りなおしてもいいので、それでどうですか。」

業者「忙しいんだよな~、う~ん、厳しい」

とか言いつつも最後は、

業者「わかりました」

という形で折れました。しかし、この時点でこのおっさんは絶対に送ってこないなとは思いました。
・・・そして一週間後

やっぱり見積もりはきません。

・・・そして二週間後

とりあえずメールしました。もう期限待てないよ、と。

しかし、送っても完全無視です。申込の時はあんなにレスポンスが早かったのに、メールを見てないわけがありません。信じられません。
そのあと苦情メールを書いたんですが、それでもメールは無視でした。

一体なんだったんでしょう。自分も低予算でお願いはしましたが、まぁ最初は誰でもそうでしょう。気分でめんどくさくなったのか、儲からないと思ったのかなんなのかわかりませんが、信じられない対応でした。自分から見ると、単に家のCAD書いてたのも、趣味でやってる程度にしか見えませんでした。じゃないと、客を待たしたままにするかね・・・。完全に自己満足の世界に浸ってるように見えました。(CADははっきり言って下手な部類だと思います。)

仕事柄もいろんな他業種・他分野の業者と接していますが、ここは一番最悪でした。無視とか一番ありえない対応です。今思い出しても腹が立ちます。金銭的な損があったわけではないですけど、精神的な被害にあいました。うちの奥さんもいまだにムカついています。ほんと、ここだけはありえないわ。

以上(愚痴っぽくてすいません。)

開成コーポレーションで家創り vol.15

7月5日

いよいよ引き渡しの日が来ました。ここまで長かったです。初めて開成の展示場を訪れてから1年以上の日が経ちました。建築現場にも足しげく通ってきたので、それがないのも少しさびしい感じもしますが、新生活が楽しみですね。引っ越しはもう少し先になりますが…。

まず、監督から引き渡し時の注意事項が説明されました。いろんなことがあって正直覚えきれないですが、何かあれば監督と開成に連絡すればいいんだということはわかりました(笑)
そのあとは、LIXILの方がきて、キッチンとお風呂の説明がありました。新しいキッチンにうちの奥さんも心躍っていたようでした

そのあとはエコキュートの説明のために、パナの人がいらっしゃいました。エコキュートも、長く持たせるにはいろいろとメンテナンスをしなければならないんですね。いろいろと言われたけど、全部できるか不安なところもあります・・・。

次に蓄熱暖房機の説明でした。まぁ、これから暑くなる時期なので使用しないですが、秋~冬にかけて使用するのが楽しみですね。

そして最後に監督から鍵の使い方と引き渡しです。非接触ICカードで開く扉なので、かなり便利です。これはFelica対応の携帯で開けられるそうなので、携帯持ってれば家が開くんですね~。便利すぎる!
地味に関心を引いたのが、いままで工事中は現場の方がマスターキーで戸をあけていたんですが、そのマスターキーは、頂く新しいキーを刺すと使えなくなるということ。工事中のマスターキーは少し短い作りで、新しいキーを入れると、内部的にシリンダーの中の何か?が押し込まれて、工事中のマスターキーはもう開かなくなっていました。よくできるんだな~と感心。
「鍵を刺したら、もうこれからはすべてお客様責任になりますんで~」なんて監督に言われてドキドキしましたけど、開成と監督はこれからもサポートしてくれるでしょう。それは確信できます。いい人たちに巡り合えたかな~と思いました。

最後に記念撮影をして引き渡し終了となりました。引越はもう少し先ですが、住むのが楽しみです。まだ、外構業者を決めていないのと、太陽光工事がまだなこと、エアコンつけたり、アンテナつけたり、テレビつけたり、ネット回線工事したりとやることがいっぱいです。早く落ち着くといいんですけどね~。

P10906802

以上

開成コーポレーションで家創り vol.14

引っ越した後にこの記事を書いています。引っ越す前を思い出しながら・・・^^;
実際引越し後はバタバタしていまして、全然ブログなんて手が付きませんでした。
少し余裕が出たので、簡単にVol.14とVol.15で完成まで書きます。

6月28日

家はほぼ完成に近いです。クロスも張り終わりました。クロスを張ると全然家が違って見えますね。石膏ボードが見えてたのが懐かしいぐらい^w^
クロスまで張ってるところを写真で見せまくると恥ずかしいので、一部だけ紹介します。

リビングのアクセントクロスです。白や輝度の高いクロスだと、目がしんどそうだったので、トーンを落としたものを選びました。ただし、テレビを置くのに真っ黒のクロスだと変なので、このぐらいのトーンに。

1

和室はこんな感じに。思ったより和風な感じになってよかったです。

2

寝室のアクセントクロスです。割といい感じに。

3

そしてキッチンはこちら。良いキッチンを入れただけに使い勝手がよさそうです。アパートのキッチンとは雲泥の差だな~^^

98

こんな感じでほぼほぼ完成です。
あとは、蓄熱暖房の設置とクリーニングが入っておしまいですね。まだ入っていない状態がこちら。

99

引き渡しが楽しみですね~。

2014年6月 8日 (日)

開成コーポレーションで家創り vol.13

こんにちは 暑い日が続きますね。

家の進捗はよい感じです。かなり、内装の大工工事も進んできました。日々出来上がっていく我が家を見て、楽しい限りです^w^

5月17日
 前回トラブルもありましたが、無事に解決したので安心して家の出来上がりを確認できます。さてどんな変化を拝めるのでしょうか^w^

まず、玄関の土間部分ですが、エラボが設置されていました。結構な収納力がありますね。何足靴をおけるんだろう^^

P1090015

和室の押入れも出来ていました。押入れの中はクロスは張らないですが、結構いい板が張られているように思います。もっとベニヤに近いようなものかと思っていましたが、さすがです。

P1090019

和室とリビングの境界は、戸襖の引き戸になっているんですが、ここの縁は白木を回してくれているんですね。ここまでは考えていなかったけど、非常に良いです。

P1090024

一階のトイレです。石膏ボードも張り終わって壁が出来ていたところがなくなっています。やり直しのために剥がしてくれたんですね。棟梁さん、本当に申し訳ないです・・・(- -;)

P1090025

家事室ですが、ダボレールを付けてくれていました。つまり稼動棚です。綺麗な仕上がりですね。

P1090029
P1090030

キッチンの前の腰壁とカウンターが出来ていました。これが出来るとキッチンのイメージがしやすくなりますね。なかなかいい感じです。うちは対面式で、キッチンの上の棚は無くしました。今のアパートは上があるんですが、無いだけでかなり広く感じますね。なくしてよかったと思いました。

P1090032
P1090037

階段下収納の部分です。

P1090034

そして、階段がついに出来ました!今までははしごで登っていたので、毎回大変でしたが、階段が出来たおかげで楽なこと(笑) 妻も安心して二階に見学にいけます。

P1090039
P1090041

書斎の入り口も出来ました。おおよそ各部屋の入り口と壁が出来上がったので、だいぶ空間がイメージしやすくなりましたね。

P1090044

問題の出た二階のトイレですが、まだ白い建具が入ったままですね。もうすぐ部材が到着するとのお話でした。

P1090045

寝室のウォークインクローゼットです。壁も出来ました。ウォークインクローゼットの窓は1つだけです。服を入れるところなので、あまり日を入れると服には良くないですからね。

P1090064

そして、屋根裏のへいぐしが見えました。うちの家を守り続けていただきたいものですね。

P1090058

階段が出来たおかげで、かなり出来上がってきた感が出てきました。壁関連もほとんど終了ですので、かなり「家」になってきましたね~。テンションが上がる一方です^w^

5月24日
 先日、施主支給で下駄箱とリビングのテレビ周り収納であるLIXILのタスボックスを収めました。現場では丁度大工さんがいない日に配送になってしまったので、わざわざ監督さんに現場に行って頂き、荷物を受け取ってもらいました。それも含めて、施主支給品を取り付けているので、それを確認してくれと監督からお願いされています。さてどうなっているか。

まず、タスボックスです。これについては、監督さんにいろいろと迷惑をかけながらも入れさせていただいた品なので、形になっていて感無量です。O監督、素晴らしいです。ありがとうございます。

P1090082

テレビは壁掛け器具を付けて頂きました。上の写真の真ん中についているのがそうです。リビングなのでちょっと良い物をつけました。いい感じでついています。さすがO監督です。

P1090084

和室の神棚も付けて頂いています。監督さんと相談して、2mの位置にしてもらいました。

P1090087

和室の縁側につけた星姫も付けてくれていました。良いですね。

P1090085

家事室の稼動棚が乗っていました。結構いい棚なんですね。予想より良いものでした。素晴らしいです。

P1090089

ダイニングのテレビ壁掛け器具も付けて頂いていました。

P1090093

キッチン横の稼動棚です。これも出来上がってました。家電タワーとして活用予定です。

P1090137

階段下収納(食品庫)の稼動棚も付きました。結構物が入りそうです。そして、換気扇もつけてもらっているんですが、それも通気口が付いたようです。

P1090094
P1090095

一階トイレの手すりが付いていました。

P1090102

洗面室の稼動棚もついていました。収納力ありそうで、いい感じです。

P1090103

二階のトイレです。前回白い建具のままでしたが、正しい色の建具が付いていました。よかったよかった。仕上がりも綺麗ですし、これで一安心です。

P1090108

ウォークインクローゼットの枕棚も付きました。

P1090118

寝室のテレビの壁掛け金具もつけてもらっています。

P1090122

一階と二階の外につけるホスクリーンも付きましたね。これは重宝しそうです。

P1090153
P1090150

玄関の手すりも付きました。

P1090141

そして玄関の二の字の下駄箱です。これは施主支給品です。

P1090138
P1090139

この下駄箱なんですが、実はこれを買った先とひと悶着起きてしまいました。この下駄箱、見ての通り取っ手がありません。なので、プッシュで開くようになっているので、プッシュ金具が付いているはずなんですが、それが付いていませんでした。受け取りは監督に行っていただき、監督も棟梁さんと二人で確認しながら開けたそうなので、まず間違いなく部品が欠品していたのです。それを買った先に伝えると、送った箱の数があってるなら絶対に間違いないとのことで、断固として取り合おうとしませんでした。とはいっても現場で無いといっているんだから、間違いなく無いのです。それは紛れも無い事実です。なのに、そんな訳ないと信じない相手先・・・。埒が明かず、監督さんに相談したら、「私が話します。」との事で、申し訳ないながらもお話してもらうことに・・・。で、結果としてその後少し監督にご足労頂くことがあったんですが、無事に欠品部品は再送してもらえることに。まぁ、無事に再送してもらえることになったんで、ここでその業者の名前を出したりはしませんが、それよりもO監督にまたひとつ借りを作ってしまいました。本当に最高ですよ、O監督!ありがとうございました。

5月31日
 大工工事ももうすぐ終りの予定になっています。なんだか寂しい気もしますね。でも完成に近づいているということです!

今回の一番大きな変化は、キッチンがついに入ったというところですね。でも、養生のためにダンボールを被ったままで、綺麗には見れませんでした。残念^^;

P1090189

あとは、二階の子供部屋のクローゼットがほぼ完成していました。クローゼットすべてを服をかけるだけに使うのはもったいなかったので、セパレートしています。

P1090229

大工工事はほぼ9割5分は完成している感じでした。来週にはほとんど出来上がるんだろうな~という印象です。早いですね~。なんだか嬉しいんだけど、少し寂しい気もしますね。大工工事が終わればクロスの作業になります。家の印象はクロスの印象が強いでしょうから、かなりガラッと変わるかもしれませんね~。楽しみです。

6月7日
 今日は浄化槽の位置に関する打ち合わせをするために、現場へ向かいました。うちは駐車場仕様にする予定なんですが、実際に浄化槽を置く位置や、駐車場の勾配に合わせて浄化槽を設置するため、勾配をいくつにするか、散水洗の位置、そういったことを決定する場となりました。そこまでは自分も勉強不足で、ぶっちゃけるとそこまで考えてなかったという感じなんですが、O監督がすべて説明してくれたお陰で、非常に良く分かりました。まぁ結果的にほとんどO監督のお勧めコースになりましたけどね^^;
浄化槽を入れる業者さんと、O監督と、我々で打ち合わせをしたんですが、O監督のほうが浄化槽のこと良く分かってるんじゃないかと思えるぐらい、テキパキとしていました。さすがです。本当に頼りになります
そして、現場ですが、本日からクロス屋さんが入っていました。クロスを張るところなんて、今まで見たこと無いわけですが、まず石膏ボードに下処理として、ビスの部分やボードの穴などをふさぐところから始まるんですね。パテ処理をしています。

P1090295

そして、O監督から説明してもらったんですが、クロスというのはやはり剥がれるものらしく、いかにそれを剥がれにくくするかとうことで、開成では、このメッシュのテープを石膏ボードの継ぎ目のところに入れるそうです。ここまでやるところは意外と少ないとの話でした。さすが開成、細かいところまで気配りしてますね。その他、壁がゆがみクロスがよれると剥がれてくるということで、壁などがゆがまないようにする為に、ボードの下にゆがまない加工がされているとのことでした。これはクロスのためにやっているそうです。

P1090358

あとは、ついに二階の残り部分が完成しました。残りの部分とは、階段の腰壁と二回洗面化粧台の袖壁、そして二階ホールの棚です。これらが完成していました。

P1090327
P1090330

そうなのです。階段の腰壁と洗面化粧台の横に来る袖壁にはガラスブロックを設置したのです。なかなか格好のいい形に収まったかな~と思いました。大工さんの仕事とはすごいものですね。素晴らしい仕上がりだと思います。

次回からはクロスが張られて、少しずつ全容が見えてくるわけですね。楽しみです^w^

2014年5月25日 (日)

開成コーポレーションで家創り vol.12

暑いですね。仕事もかなり忙しくなってきており、更新が思うようにいかなくて申し訳ないです。
ですが、自分で後で見て楽しむためにもしっかり更新したいと思います。

5月10日
 ゴールデンウィークが明けて初めての家見学です。前回は家に入れなかったので、中がどのようになっているか楽しみです。

しかし、今まで順調にやってきた家創りですが、今回は事件がありました。その全貌はのちに・・・。

玄関はほとんど完成ですね。片袖の玄関にはしなかったわけですが、窓を付けておいてよかったです。少しは明るくなりました。玄関ドアも採光できるものにしてあるので、まぁ暗くはならないでしょう・・・。南玄関ですしね。

P1080953

玄関からリビングに入るところです。ちょっと上目に撮りました。天井にもボードが張られています。天井には埋め込みスピーカーを付ける予定です。

P1080954

前回外から見た暖吉(蓄熱暖房機)の上の棚もついていました。真ん中左の入口が階段下収納です。真ん中右側の入口が、トイレや洗面へ続く廊下への入口になります。これは北側なんですが、やはり掃き出し窓にしたおかげで明るいですね。

P1080957

ダイニングの斜め壁です。壁掛けのテレビと上にエアコンが付きます。

P1080961

お風呂が綺麗についていました。本邦初公開、お風呂のアクセントパネルは赤色を選びました。これが綺麗な色で、二人で気に入ってこれにしました。真っ白じゃつまらないですしね~^^

P1080963

そして、オプションで増やしたランドリーパイプがこれです。奥側を下に下げた位置につけています。3つついているので、並行位置にもついているんですけどね。かけた洗濯物が干渉しないようにという、うちの奥さんのこだわりです^^

P1080962

お風呂蓋の三点フックと、浴槽もついていました。ばっちりですね。

P1080965

ここが二階のトイレですね。前は壁がなかったですが、壁もボード含めて綺麗についていました。

P1080968

二階の北側子供部屋です。出来上がってますね~。

P1080983
P1080985

二階ホールと、南側子供部屋です。ちょっと作業中で中は撮影できませんでした。

P1080987

一階の天井(一階と二階の間)は、グラスウールを入れるとのことでしたが、入り始めてましたね。高性能グラスウールですね。

P1080999

ちなみに、下屋がかかるところの天井にはセルローズファイバーが入るとのことでした。
さて、何かお気づきになりましたでしょうか?自分たちは後日写真を見て気が付くことになったんですが、問題の写真はこれです。

P1080968_2

んんん??建具が白っぽく見えるけど・・・。うちの奥さんが写真を見ていて気になったそうです。別の写真を見てみよう・・・。

P1080982

扉、白っぽく見えないですかね?う~ん、これは”白”ですね・・・。そんな依頼はしたつもりはないんですが、何が間違ったのか。これはちゃんと監督さんに確認しないと・・・。やばいですね。

5月11日
 先日の写真でやはり建具が白みたいなので早く確認したく、ちょっと焦っています。しかし今日は日曜日。監督はお休みです。まぁ、大工さんもお休みなので作業が進んでしまうことはないでしょうけども。とりあえず、営業のF所長に確認してみることに。
まぁ、F所長の方で持っている図面は、若干古いものなので、確認が十分にできませんでした。とりあえず、明日の朝一番で監督と設計に確認してもらえるとのこと。待つしかないですね。

5月12日
 とりあえず、心配なので朝早起きして、自ら現場に行くことにしました。現場に行くと棟梁さんがいました。なんで平日のこんなに早い時間にきたの?というような顔をされましたが、
まずは中を確認させてくださいということで、現場を確認に。はたして本当に白なのかどうか・・・。

二階トイレ。間違いなく白でしたね・・・。

P1090009

本当の建具の色はこれです。

P1090010

そしてまさか、一階のトイレも同様の指示になっているのでは・・・?と思い、改めて一階のトイレへ。

P1090012

まさかの白枠でした。扉はまだとのことでしたが・・・。

とりあえず、棟梁さんに事情を話し、監督からの指示を待ってもらうことに。おそらくやり直しになると思いますと伝えました。

その後、平日なので仕事にいったんですが、仕事も手につかないので、支店の方に直接電話したところ、O監督は会議中とのこと。う~ん、早く電話がほしい・・・。
と思って電話を切ったら、設計士のOさんから電話がありました。状況確認から淡々と仕様を確認をされ、申し訳ありませんでしたとお話されました。
その後お昼近くになって、O監督から電話がありました。O監督にもきっちり仕様を伝えました。やはり、やり直しとなると、強度等が心配なので、聞いてみたところ、石膏ボードは新品のものを付け直しますとのこと。また、ボンド等での接着ではないので、ぐらついたりゆがんだりはしないとのこと。そして、
「今ならやり直しを100回しても大丈夫ですよ^^」
とのことでした。最後のセリフは自分を安心させるためのセリフだと思います。本当に100回もやり直してたら困りますけどねw 対応はよかったと思います。O監督が自信を持って大丈夫だと言ってくれるので安心して任せられます。
原因についてですが、トイレについては、中の窓の枠と巾木だけ白にしてくれとお願いしました。これはコーディネーターにも伝えた内容です。なのになぜか、設計士さんが建具まで白にしてしまったとのこと。う~ん、さすがに扉1枚だけ白なんておかしいんだから、そこはおかしいとおもって、慎重にやってほしかったです。
今回のやり直しは、一番に大工さんに申し訳ないです。せっかく作った壁を引っぺがして、また張りなおしていくわけですから。工数も増えるし、やり直しがあっても報酬額はきっと一緒でしょう。なのでできるのであれば、開成から大工さんにフォローしてもらいたいものです。棟梁さんたち、本当にいい人たちなので!

2014年5月19日 (月)

開成コーポレーションで家創り vol.11

4月26日

 だいぶ暑くなってきました。今から暑がってると、本番の夏が思いやられますね^^;
でも、セルローズを入れてから、初めての家見学です。さてどうなっているでしょうか。
だいぶ外壁もできてきましたね。軒下も作業が順調に進んでいます。足場はまだ崩せないでしょうが、外回りはいい感じに仕上がってきました。

P1080602

心配していたリビングのテレビ壁掛け部分も、がっちりと下地補強してくれました。ボードを張ってくれたんですね。配管が出ているところは、スピーカー設置予定です。楽しみです^^
いろいろと配管が伸びすぎて気持ち悪いぐらいです(笑)

P1080605

和室ですね。セルローズもしっかりと吹き込まれて、必要な下地の部分もしっかりできています。開けた穴もふさがれています。

P1080607
P1080612


戻ってリビングの角。びっちりセルローズが入ってますね。

P1080609

洗面所です。ここはもうボードが張られていますね。早いです。

P1080615

給排水の配管ですかね。二階へ伸びていました。

P1080616
P1080622

寝室です。ここももうボードが張られ始めていますね。

P1080625

その他。セルローズ吹き込みが終わったところなので、これからってところでしょうね。

P1080631
P1080635
P1080636

玄関部分の軒下や、細かい部分を作業していただいています。皆さん作業が丁寧で安心ですね^^

P1080642

外壁はほとんど終わっています。ようやく家らしくなってきました。

P1080644

セルローズも終わったところなので、これから内部がどんどんできていくことでしょう。
階段はいつかな?ドアはいつつくのかな?床はいつ張られるのかな?
楽しみになってきましたね~。でも、並行して施主支給品をそろえたり、外構のこと考えなくてはいけなかったり、書類の手続きがあったりとやることいっぱいです。頑張らなくてはね!

4月30日
この日はいよいよお風呂の設置です。初めての大物ではないでしょうか!?
お風呂設置に立ち会うのは、風呂蓋の3点フック、風呂のハンガーポールフックの位置、リモコンの設置位置などを現場で確認するためです。

これがまだ設置前の浴槽です。ワイド浴槽を選んだので、デカい!

P1080693

一生懸命、頑張っていただいています。いいお風呂がつくことを期待していますよ!

P1080695

作業中に邪魔できなかったので、あまりいい写真が取れていませんが、作業現場です。
自分も実際に入ってみて、フックの位置を決めました。まぁ、ほぼデフォルトの位置に近いですが、細かい調整ですね。写真の人は、LIXILの作業員ですよ~。

P1080727

その他、目新しいところでは、キッチンの奥の家事室部分のボードがついていました。だいぶそれっぽくなってきています。

P1080689
P1080698

そして、二階の床が少し張られていました。一階より二階の方が少し濃いめの色にしたんですが、実物見ても悪くはない色だと思います。写真だとわかりづらいですけどね~^^;

P1080722

軒下の通気口もついていました。こんな感じなんですね。

P1080734

雨どいもついていました。

P1080737

前回からあまり日がたっていないですが、進捗が見た目でわかり、楽しいです^^
しかし、ゴールデンウィークだというのに、大工さんたちはお仕事です。本当に申し訳ない感じでいっぱいですが、期待以上の仕事っぷりを見せてもらっているので、やっぱり期待してしまいます^w^ 頑張ってください~!

5月6日
ゴールデンウィークも最終日にやってきました。最後の日だと思って、家を見に来たんですが、今日は大工さんが休みなんですね。残念。棟梁がいないと、中にも入れないので外から見学のみです。

足場が取れましたね。外壁はほぼ完了といってもいいのではないでしょうか。

P1080946
P1080949

中をのぞき見。暖吉(蓄熱暖房機)を置く場所の上にカウンターがついていますね。わかりづらいですけど^^; 壁のボードもかなり出来上がっています。

中が見れなかったので、あまり写真も撮れませんでした。週末の見学を楽しみ待つことにします。

2014年4月25日 (金)

開成コーポレーションで家創り vol.10

すっかり春めいてきました。

現場の作業も暑くて大変ですね。そろそろ差し入れは冷たいものにしなければいけないですかね~。本当にお疲れ様です。

4月12日
この日はいよいよ電気配線配線打ち合わせの日です。電気配線打ち合わせとは、家の電源やスイッチ類の配置や、電源コンセントの数を増やしたり、種類を替えたりを打ち合わせする大事な日なのです。しかも、電気配線だけではく、各種の下地関係やカウンターの高さ、位置などもこの日に決定し、決めたものは後には引けないので、ものすごく緊張する勝負の日なのです!
なので、今日は子供を義母に預けて、妻と二人で気合を入れて臨んできました。
いきなり現場では大変なので、毎晩夜な夜な妻とコンセントの数とか位置を図面で悩みに悩みぬいてきました。自分が日中仕事中に妻がかなり頑張っていろいろと考えてくれていたので、現場ではうまく進行できたと思います。ですが、我々夫婦、優柔不断で心配性なので、もコンセントの数も増え、確認箇所の増えまくったので、思ったより時間を掛けてしまいました。
電気技師のお兄さんも結構夜まで付き合わせてしまって申し訳なかったな~と思います。そして、O監督も最後の最後まで嫌な顔せず付き合ってくれて、本当にありがとうございました。O監督、本当に男前やわ~^^。

一階部分ですが、かなり悩みました。迷ったのはコンセントの位置。キッチンの横に家電タワー(トースターやポット、ホームベーカリーを置く)の部分など、かなり事前に位置を想定してコンセントを付けました。ゴミ箱の位置などもきっちり測りました。
あとは、家事室のカウンターや棚の位置、蓄熱暖房の上の棚の位置なども決定しました。
キッチンのコンセントに関しては、キッチンの前のカウンターの立ち上がり部分にコンセントを付けようと思っていたのですが、PL法に引っかかるらしく、もし付けて家事になったら、保険も下りないかもしれない、と言われて、やむなくあきらめることにしました。IH前の壁部分の裏側にコンセントを付けたため、必要な時はそこから伸ばすことになります。まぁ、食器棚のほうにもコンセントはついているので、多分不便はそんないないでしょう。

0412_1_2

リビングまわりはかなり悩みました。TVは壁掛けにするつもりで、将来的に5.1chホームシアターを入れたいので、配管をいろいろと通しておいてもらうことに。図面でみてもCD管だらけです^^;

0412_2

二階に上がりました。妻が下から覗いています^^; まだ階段がないので梯子で上がるしかありませんが、なんとか妻も登りました。

0412_3

二階で悩んだのは寝室回り。寝室のベッドボード側に照射角の狭いユニバーサルダウンライトをつける予定で、そのスイッチの位置や、ベッド両脇のコンセントの位置など、O監督にもアイデアをもらいながら位置決めをしました。

0412_4

二階のトイレには、コーナーキャビネットを付けるつもりなので、下地を入れておいてもらっています。

0412_5


結局朝の10時過ぎからスタートして、夜の7時まで掛かってしまいました。おそらく自分たちは時間がかかると思っていましたが、やっぱり時間がかなりかかりました。しかし、本当に大丈夫なのだろうかと不安がいっぱいです。
そしてこれは後日談になりますが、やっぱりいくつか不安になって、何度もO監督に確認・修正をお願いしました。まぁ、自分でも自分のことをめんどくさい奴だなと思います(汗)
かなり無茶なことも言いました。普通ではやってくれないだろうということも、正直に相談しました。しかし、どうやったら解決できるか、どうしたら自分が満足するだろうかと、しっかりと向き合ってくれるO監督をはじめとするスタッフさんたちに感謝です!O監督は、いつも現場が動けないときは、自分が動けばいいというような感じで解決してくれます。本当に申し訳ない気持ちでいっぱいであるとともに、本当にこの監督さんで良かったと思わせてくれます。最高です!一度一緒に飲みに行きたいです^w^ きっと良い家になる気がしています!

4月19日
セルローズファイバーが4月21日から入るとのことで、最後の確認の意味も込めて、家を見に行きました。するとなんと、外壁が一部はられているではありませんか!

P1080447

これは驚きました。もう張っちゃうんですね。うちは2種類の張分けをしていますが、その両方が見えてみますね。外壁を決めたときは、切り取ったものしか見ていませんが、こうやって張ったところをみると、なかなか悪くないですね。選択は間違っていなかったようです。

そして中に入って見学・確認をします。
前回の電気配線打ち合わせでお願いした、配管まわりが出来ています。かなり配管が伸びまくっています。自分でお願いしておきながら、すごいですね^^;

P1080442

玄関部分ですね。おそらく監督さんが支持したであろう落書き(落書きって言ったら失礼ですね。)が残っています。こんな感じがあちこちにあります。

P1080444

これは洗面室になります。窓の上に扇風機を置くつもりなので、その下地を入れてくれています。下地関係もほぼ出来上がっていますね。

P1080460

二階のウォークインクローゼット部分です。ここにLAN配線をまとめて、モデム・ルーター、NAS等を置くつもりですので、その配線がいっぱい飛んできています。すごいです。

P1080493

二階の寝室です。ここのTVも壁掛けにするつもりなので、その下地が入っています。ばっちりですね。

P1080495

一部下地が入っていなかったところもありましたが、それはこれからやるとのことで、電気配線打ち合わせ時の内容は網羅されているようでした。(細かくは確認できないですけどね。)ここからはもう信じるしかないですね。信じてますとも!開成さん!
セルローズファイバーが入ったら変更はできないでしょうが、おそらく大丈夫でしょう。というか、夫婦二人で夜な夜な悩みすぎて疲れました。もう図面もしばらく見たくないです(笑)

4月23日
本日がセルローズファイバーが入る日です。21日にセルローズを入れる前の下張をして、本日吹き込む日です。初めてのことですし、面白そうなので今日は会社の出社を遅くして、朝から見学に行きました。

朝ついてみると、外壁が進んでいました。なかなか様になってきましたね。


P1080540
P1080538

北側の掃き出し窓部分を張分けしましたが、張ってみると良いですね~^^

P1080537

そしてこれが本日のメイン、セルローズファイバーを吹き込むためのトラックです。トラック内に機械が設置されており、そこからホースを伸ばして各壁に吹き込んでいきます。

P1080541

トラックの中はこんな感じ。これがセルローズを送る機械で、上からどんどこどんどこセルローズを入れていきます。

P1080577

入れるセルローズはビニールにくるまれて、こんな感じで大量に用意されています。

P1080580

中に入ってみます。外のトラックから、ホースが伸びてきていますね。これはそのまま二階まで伸びていました。まずは二階から初めているんですね。

P1080548

ちなみにまだセルローズの入っていない一階はこんな感じです。

P1080549

二階に上がってみると、約半分ぐらいは終わっていました。壁にボコボコ等間隔に穴が開いていますが、ここからホースを入れて中に吹き込んでいるようです。

P1080557

お兄さんが吹き込んでいました。先ほどの穴にホースを入れているのが見えます。ガーっと吹き込んで、溢れてきたら次の穴に・・・という作業をやっているように見えました。

P1080571

高いところもしっかり吹き込みます。

P1080574

実際に触ってみると、かなり固いです。パンパンに詰め込まれているようでした。

P1080576

しかし、この作業はかなり外に溢れますね^^; 周りはキラキラと光っているし、下には溢れたセルローズがいっぱいです。

P1080564

とりあえず、見学でき、しっかり吹き込んでくれていることも確認できたので、この日はそのまま会社へ行きました。初めてセルローズを吹き込むところを見ましたが、なかなか大変な作業ですね。しかし、こいつが家を外気の温度から守ってくれ、湿度を快適に保ってくれる役割をしてくれるんですね。防音効果もばっちりなこともわかっているので、住んでみてどんな感じになるのか、本当に楽しみです。

以上

2014年4月 6日 (日)

開成コーポレーションで家創り vol.9

年度末で忙しくて、なかなか更新が進みませんでした。
見てくれている方、申し訳ないです。

3月23日
上棟日から約一週間。ルーフィングも終り、いよいよ瓦を載せ始めます。ルーフィングとは、瓦を葺く前の防水加工のことです。この週の木曜日が雨で、なんとか水曜日までにルーフィングは終わったそうです。そして監督さん曰く、先に瓦を葺くのは、家の中でやはり瓦が一番重たく、その重さを柱にしっかりとかけて、それから、筋交いや壁を施工したほうがきしんだりすることも少なく、しっかりとした家になるそうです。なるほど・・・。納得です。

P1080116

開成の宣伝垂れ幕も掛かりました。「あなたの夢を・・・注文住宅」。
P1080117

北側の下屋部分です。
P1080124

少し遠めから撮影。二階屋根の部分も見えますね。
P1080131

3月29日
前回より一週間たちました。上棟後は、どんどん様変わりしていくので、見に行くのが楽しみです

瓦は葺き終わったようです。ビシッと並んだ瓦は、気持ちがいいですね。グレーの瓦を選んでいるんですが、結構黒っぽく見えます。黒だったらかなり真っ黒になるんでしょうかね・・・。
P1080212

家の西側からの撮影です。屋根の縁も綺麗に仕上がってますね。
P1080217

北側からの撮影です。下屋の部分も綺麗に葺き終わっています。
P1080218

東側からの撮影です。開成の垂れ幕も目立ちます^w^
P1080221

もう一度正面。
P1080231

これは二階ですね。大工さんがいなかったので、足場を登らせていただきました。壁が無いと、広い空間ですね~。
P1080232

瓦が終わると、いよいよ大工さんが入って、内側、壁、いろいろと進んでいくんですね。楽しみです。
そしてこの日はF所長と見積もりの承認でした。なのにもかかわらず、印鑑を持っていくのを忘れたという自分(アホですね(´д`))。しかし、所長にいろいろとお手数をおかけして、何とかなりました。しかしまぁ、金額は施主支給させていただいたりして、安くなるように自己努力もしてきたつもりですが、やっぱり上がってしまいました。しかも○十万ほど・・・。うちは自分も妻も、優柔不断で妥協できないから良くないですね^^; しかしまぁ、後悔はきっと無いと思います。人生に一度の買い物。しっかり働いて借金は返しますとも!!


4月3日
 
この日は出張日でしたが、駅に車で向かう途中に家を覗いていきました。現場の棟梁さんに上棟のご祝儀もお渡しできていなかったので、この機会にお渡しすることにしました。もう一人の担当大工さんは今日はいらっしゃらなかった様子。まぁ仕方ないですね。あんまり渡すのが遅れてもなんなので、棟梁さんからお渡ししてもらうことにしました。
家のほうは順調に進んでいました。瓦も終わったので、瓦屋さんは終り、大工さん作業も復活です。屋内作業をせっせとやっていました。この日は天気が悪かったので、壁をつける作業は今日はやらないと、棟梁さんが言っていました。
P1080264

そして、すでにミライエが付いていました!これはなかなか迫力があります。
梱包時の重さで50Kgぐらいあるらしく、大変だと言っていました。まぁ制震材(ミライエ)が無くても、十分家は持つと思うんですが、これがあることで安心感は何倍にも増します。
繰り返しますが、無くても十分なぐらい開成の家は丈夫だと思いますよ!
P1080266

床も基礎が見えなくなっています。よく見ると、和室のところの下がり壁部分が出来ていますね。
P1080267

ミライエですね。なんか、こういう機械的なもの、好きです(笑)
P1080269

ミライエは合計4箇所に入っています。縦方向2個、横方向2個ですね、
P1080270

一階屋内です。材木が散らかってる感じが、なんだか良いです^^
P1080277

柱の留め金もされていました。
P1080280

そして玄関が置かれていました。もう玄関が付くんですね。
P1080281

4月5日
今日は快晴!良い天気でした。
今日行くと、もう玄関が付いていました。そして玄関の隣の窓もしっかり形が出来ていました。玄関が出来てくると、家が出来てきた感じがしますね。

P1080298

玄関を入ると、玄関ホールがイメージできるぐらいにはなっていました。
P1080299

北側の吐き出し窓が見えます。うちの家は北側にも吐き出し窓があるのです。北側の採光を取るためです。うちの土地は南も北も道路に面しているので、外光が取り易いのです。
P1080300

北側からみると、家事室窓が開いているのが分かります。
P1080305

丁度、和室のサッシ枠を取り付けるところが見れました。こんな風に取り付けるんだなぁ~と感心しました。
P1080310

これは再び玄関にもどって、玄関ホールの東側の窓です。結構光が入りますね。
P1080312

各種サッシが用意されていました。これが順次取り付けられていくんですね。
P1080314

監督さんが書いたのかな?日程表のようです。日程は内緒^^
P1080317

そとから見ると、まだまだですね。壁が取り付けられたら、大分感じが違うんでしょうね~。次くるのが楽しみです。
P1080320

天気がいいので、工事も進むかな~?棟梁さんも非常に良い人で、安心して工事を任せられそうです。頑張って~^^/

今日はそのまま桜の花見に行きました。あ~はやく引っ越せる日がくるといいですね~^^
 

2014年3月19日 (水)

開成コーポレーションで家創り vol.8

いよいよ上棟です

3月13日

本日がいよいよ上棟!・・・のはずだったんですが、あいにくの雨予報・・・。前日の12日にO監督から電話があり、延期にしたいとの申し出がありました。雨が降ると、やはり大工も危ない、柱が汚れるなどで、せっかくなら晴れた日が良いですよ、とのことでした。確かに大工さんに怪我でもされたら大変ですし、皆さんの安全が第一なので延期の申し出を受けることに。
しかし、13日は六曜でいう友引でよい日なんですよね。建築吉日カレンダーでも良い日とされており、絶好の上棟日なのです。14日の金曜日も雨、15日の土曜日は仏滅、16日は大安だけど、日曜日なので大工は休み・・・。17日は赤口、18日は先勝。やはり13日が一番日がよいのです。なので、13日を暦上の上棟日としてもらうことにしました。実際に棟上を行うのは17日ということになります。17日は赤口ですが、建築吉日には当たるということで、まぁ良いだろうということで落ち着きました。
上棟日にするというのはどういうことなのか?というところですが、へいぐしを立てる=上棟ということになるらしいので、13日に一度へいぐしを立てて、上棟日とするということになります。でも棟が上がってないのに?とお思いかもしれませんが、土台に一度立てるんですね。写真の通りです。
Imgp1093
Imgp1096
あとは最後に頂く全工程表にも、上棟日は13日と記載されるとの事でした。
上棟式のためのお弁当などのキャンセルもしたりと大変でしたが、やっぱり晴れた日にやりたいので、楽しみに待つこととします^^

3月17日
この日がいよいよ上棟を行う日です!予報どおり、問題の無いぐらいの晴れ模様!しかも風もあまりなく、本当に良い日となりました。やはり施主として朝から工事現場に行き、皆さんに挨拶しておいたほうが良いのかな、と意気込んで朝8時に現場にいったんですが、すでに大工さんたちは作業に取り掛かっていました!しかも柱も少し立ってます。早いなぁ・・・。クレーン車も勢いよく動いており、現場は活気が一杯でした。
Rp1070973_2
Rp1070974_2
Rp1070981_2
すでに作業中だったので、全員には挨拶できませんでしたが、近くの人には挨拶しておきました。気さくに返事を返してくれて、「今日は晴れてて良かったね!」と言っていただいて、うれしかったですね。そして、写真などを撮ってる間に、一階天井部が出来上がっていきます。まだ9時ぐらいなのに、早い早い!そしてどんどん木材が運ばれてきます。うちの家にこんなに木材を使うのか!?と思うぐらい、大量の木材が運ばれてきます。
Rp1070986
Rp1070990

監督さんはまだ見えていない様子でしたが、しばらくすると現場に到着し、颯爽と上に上がり作業指示を出していました。カッコいいですね^^そしてあっという間に一階部分が形作られ、二階の床がクレーンで運ばれました。素晴らしいテンポの良さです。皆さん熟練の匠ですね^^
Rp1070997
Rp1080007

一階の床も少し張られました。そろそろ休憩のようでしたので、お茶とお菓子の差し入れを・・・。みなさん喜んで頂いて良かったです。

Rp1080017

二階の柱も立ち始めました。作業はどんどん進みます。

Rp1080020
Rp1080022

ここらでうちの妻と子供、妻の母親が現場に到着し、「もうこんなに出来たの!?」と驚いていました。そりゃぁ驚くよね。自分が一番驚いているんで(笑)
お昼も近くなってきたことと、うちの子供がギャーギャー言い出したので、近くの公園に遊びに行くのと、お昼を食べに行くので、いったん現場を離れました。

午後2時ぐらいにもどってくると、もう屋根の梁が掛かっていました。なんとまぁ、素晴らしいスピードですね。本当にすごいですね。

Rp1080026
Rp1080029

戻ったところで、妻は上棟式で配るお弁当などを取りに。自分は現場で待っていましたが、午後3時を回ると、F所長が来てくれました。上棟おめでとうございますと言ってくれ、本当にうれしかったですね。なんだかんだで、6月からいろいろとお世話になり、もう3月だから9ヶ月以上のお付き合いですね。家が建ってからもいろいろとお世話になると思いますが、本当に今後ともよろしくお願いします。F所長のおかげでここまで来れましたよ、本当に・・・。

午後4時になると、そろそろ上棟式をやりましょうかと、O監督からのお言葉が。いよいよなんですね。略式の上棟式とはいえ、少し緊張しますね。

まず何をやるかというと、家の四隅に、お米、お塩、お酒を撒いていきます。お米は棟梁に、お塩はおかしら(基礎屋さん)に、お酒は施主(自分ですね)が撒くとの事でした。順番もこの通りでした。
まずは棟梁。
Rp1080039

そして、おかしら。

Rp1080041

そして、施主(自分^^)

Rp1080045

ちなみに撒いた後はこんな感じ。

Rp1080049

終わったところで、施主の挨拶です。忙しくて挨拶の内容なんで考えてなかったですが、皆さんへのお礼と今後の工事の安全、開成コーポレーションのますますの発展を祈念して挨拶を締めました。

Rp1080084

そして乾杯!ご発声は棟梁でした。

Rp1080086

最後にみんなで記念撮影です。写真を撮ったのが監督なので、監督さんが入っていないのが残念・・・。「写真に写ると魂が抜かれるんで^^;」とジョークを飛ばしてましたが^w^

Rp1080094

そんなこんなで、無事に上棟が済みました。本当に暖かくて風もないいい日で、皆さんに安全に工事を進めて頂けたことが、本当に良かったと思います。今後も頑張っていただかなければいけませんが、怪我には気をつけて、安全に無理の無い工事を進めて頂きたいと思います。皆様、本当に今日はありがとうございました。お疲れ様でした!!


最後に、今回上棟式でお配りしたお土産セットです^^
お弁当、お酒(二合)、紅白セットにした「さわたの大福」です。

Rp1080109

上棟が終わってほっとしましたが、これから電気配線打ち合わせに向けて、施主支給品を揃えたりしなければいけません。大変ですが、いい家創りのために頑張ります!

2014年3月11日 (火)

開成コーポレーションで家創り vol.7

なかなか即時更新できなくて、見てくれている方、申し訳ないです。

3月4日
いつもどおりですが、やっぱり夜にしか見にいけません。この日の出張帰りに見学です。
いよいよ立ち上がりの部分にもコンクリートが流し込まれ、ブルーのビニールで養生されています。ようやく雪の影響も振り切って進んできたって感じですね。ブルーのビニールで中が見えないのが残念です。
しかし、この養生シート、ところところ穴が開いていますが、大丈夫なんでしょうか^^;空気を通す為に空いているものを使ってるのかな・・・。擦れて空いているようにも見えるけど、きっと大丈夫なんでしょう!開成さんを信じます。
20140304_1
20140304_2
20140304_3
20140304_4

3月9日
今日は休日なので昼間に見に行ってきました。昨晩監督さんから電話があり、月曜日から基礎の上部分を作っていくらしいので、綺麗に基礎が見えるのが今日が最後です。なのでバッチリ写真にも収めてきました。
まずは玄関。なかなか立派です。
20140310_genkan
次はリビングあたりですかね。まるで迷路のように基礎が出来ています。
20140310_2
20140310_3
20140310_4
和室あたりでしょうか。
20140310_5
まったくもって綺麗な基礎です。さすがです。基礎の幅も太いんですね。ここは分譲地であるために、他の施工会社もいろいろと入っていますが、開成の基礎はかなり立派だと思います。いわゆるメジャーな会社も一杯建っていますが、かなり立派な部類だという気がします。
基礎の幅はなんと18cm!
20140310_7
そしてコーナーハンチもしっかり入っています。しかもかなりの厚み。結構見た目でゴツいです。長さを測ると、48cm!すごいですね。
20140310_6
20140310_8
基礎屋さんに会って話すことが出来ましたが、やっぱり大雪で大変だったそうです。間に合うのか心配だったと言っていました。自然が起こしたものとはいえ、かなり苦労をおかけしてしまいました。がんばって頂いて本当に有り難いです。
13日がいよいよ上棟です。しかし雨の予報も出ているのが心配・・・。一応略式ですが上棟式はやりたいので、出来れば晴れてほしいなぁ・・・。
上棟すれば、あとは早いんでしょうね。楽しみですね^^

«開成コーポレーションで家創り vol.6